高血圧の運動に注意点

高血圧の運動には注意点がある!?

高血圧の運動には注意点がある!?

 

やり方が大切、高血圧の人が運動をする際の注意点とは
どんな事だと思いますか?

 

高血圧の人が改善しようと思ったら、運動をして基礎代謝を上げて、身体の細胞を活性化させる様にアドバイスをされます。

 

しかし高血圧の人が運動をする際には、幾つかの注意点があります。

 

・運動の種類に注意する

 

医師から運動を勧められたからと言って、スポーツジムに通う人もいます。

 

しかし高血圧の人が急に激し運動や、瞬発力を必要とする筋トレなどをすると、返って身体に負担がかかり、急激に血圧が上がるので大変危険です。

 

高血圧の人が運動する際の注意点として、「有酸素運動」という、時間をかけてゆっくりと筋肉に負荷をかける運動をすることがあります。

 

有酸素運動には「ウォーキング・ジョギング・自転車・水泳・踏み台昇降」等があり、スポーツジムに通わなくてもできる運動があります。

 

・タイムではなく自分のペースを守ること

 

ジョギングや水泳を始めると、つい自己記録などが気になってしまいます。

 

高血圧の人が運動をする際の注意点として、他人と比較をしない、ということが挙げられます。

 

ジョギングをするならば、速さではなく笑顔で走れて、言葉も交わせるペースが最適です。

 

水泳をするならば、クロールで泳ぐ必要はなく、水中ウォーキングだけでも下半身の筋肉に負荷を与えることができます。

 

自転車もジムのエアロバイクで必死になるよりも、実際にサイクリングをして景色を楽しみましょう。

 

・時間は長すぎないこと

 

高血圧の人が運動する際の注意点として、1回の運動時間も大切になります。

 

長時間運動をしても疲れるだけで長続きしません。

 

1回の運動量の目安は30分として、10分の場合は1日に3回行う様にします。

 

最初のうちは少しずつでも良いので、とにかく毎日続けることも注意点として覚えておきましょう。

 

 

高血圧の人は適度な運動をすることで、約1ヵ月もすると少しずつ血圧が下がってくる様になります。

 

最も基本的な注意点としてはとにかく無理をしないこと、血圧というのは激しい運動をしても急に改善するものでありません。

 

以上の注意点を守れば、3ヵ月程度で数値が改善されたことを実感できるでしょう。