高血圧の原因に運動不足

高血圧の原因に運動不足は関係ある!?

高血圧の原因に運動不足は関係あると
思いますか?

 

運動不足が原因で高血圧になったのでは…と
考えている人はご覧ください。

 

年齢を取ると様々な身体の症状が出てくるものですが、中でも多くの人が悩んでいるものとしては高血圧があります。

 

高血圧は基本的には生活習慣と大きく結びついていることもあり、その原因と対策にも日常的な予防が必要となってきます。

 

高血圧の原因につてついてはまず塩分の多い食生活というものがありますが、同時に考えたいのが運動不足でしょう。

 

高血圧に関しては血管の老化という点も考えないといけないのですが、心肺機能などが運動不足によって衰えてしまうと、血液が体内に十分に循環をしなくなり高血圧の原因となるケースも少なくありません。

 

高血圧の原因としての運動不足は、結果的に血管の健康という点から生活習慣病にも影響を及ぼしていきます。

 

運動不足が続くことによって血管の弾力性が失われていき、血管が硬くなります。

 

また運動不足によって蓄えられた脂肪分が血管に張り付くことで、動脈硬化などを引き起こすことにもなります。

 

細く硬い血管の場合だと血液を送るためには高い圧力が必要となってしまうので、結果として運動不足が高血圧の原因となるのです。

 

この点から考えると逆に運動不足を改善することによって高血圧のみならず様々な生活習慣病の対策となるので、年齢を取ってからも運動不足は解消をするべきとされています。

 

高血圧の原因となっている時は、やはり急に運動をすると負担がとても大きいために、まずはゆっくりとした運動やウォーキングなどで有酸素運動を行うことが推奨されています。

 

またサイクリングや水泳などはやや負担が大きくなりますが、全身運動として酸素を身体中に取り入れることができるので、これもおすすめとなっています。

 

高血圧の原因としては食生活と同じぐらい運動不足が指摘されているのですが、現代生活の便利な交通などに慣れてしまったり、あるいは仕事の忙しさもあってこれらの対策は中々に難しいとされています。

 

ですが運動不足の解消はちょっとの時間で出来ることも多いので、まずは一歩から始めてみましょう。