高血圧の予防に食材

高血圧を予防するには食材選びが肝心!?

高血圧 予防 食材

 

高血圧を予防するには食材選びが肝心!?

 

血液をサラサラにする食材を摂れば、高血圧は予防できる 26 1 1 1 "高血圧は生活習慣病を代表する症状で、重篤な病気の原因となるものです。脳梗塞や脳出血、心筋梗塞など生命に関わる病気に繋がるため、高血圧は予防しなければなりません。
高血圧を防ぐためには食生活の改善が有効です。
まず、高血圧の予防に有効な食材にはタンパク質を含む食べ物があります。大豆や牛乳、卵などにはタンパク質が多く含まれていますが、これらの食材を摂ると血管の壁が広がりやすくなり、血液の流れが良くなります。そして、納豆には血液をサラサラにするため、高血圧の予防に高い効果があります。
また、植物性の栄養成分を含む食材も高血圧の予防に効果的です。
トマト、にんじん、ナスなどにはポリフェノールが多く含まれており、細胞の機能を低下させる活性酸素の働きを阻害します。これらの食材を摂取すれば、血液内の細胞が活動的な状態を保てるため、血液がドロドロになるのを予防できます。
さらに、カリウムを多く含む食材にも高血圧を予防する効果があります。
ほうれん草やパセリ、リンゴ、バナナなどにはカリウムが含まれていますが、カリウムを摂取すると腎臓の働きが良くなり、体内の余分な塩分の排出を促してくれます。塩分の取り過ぎは血中の塩分濃度を上げて、高血圧の原因となりますが、カリウムを含む食材を摂取することで血中の塩分濃度を下げられるのです。
その他にも、魚介類や青魚を摂れば高血圧を予防できます。
ホタテやカキなどの魚介類には栄養ドリンクに使用される有効成分のタウリンが多く含まれており、タウリンが血液をドロドロにするコレステロールを減少させます。また、さんまやさば、いわしなどの青魚にはEPAやDHAが多く含まれています。EPAやDHAは脳の働きを良くする成分として知られていますが、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を溶かす力があり、血液の流れを良好にしてくれます。
そして、海藻やにんにく、ニラ、小松菜などの食材にも高血圧を予防する成分が多く含まれており、日常的に摂取することで血圧を下げる効果が期待できます。
高血圧は本人が気づかないうちに徐々に進行してゆくものです。日頃から、これら高血圧対策に有効な食材を多く摂取するように心がけ、血液がドロドロにならないように気をつけることが健康のために重要です。"