高齢者の高血圧に運動療法

高齢者の高血圧に効果がある運動療法!

高齢者の高血圧に効果がある運動療法とは
何でしょうか?

 

高血圧はどの年代でも見られる症状ですが、30代から増え高齢者になればなるほどその割合は増えていきます。

 

そもそも高血圧は、老化によって血管の弾力性が低下してくることで、血流が悪くなることで起こることが多く、そのため高齢者に多い症状といえます。

 

高齢者の高血圧の特徴としては、自律神経の働きも低下するため、血管の収縮や拡張がうまく働かなくなったり、脳へ流れる血液が減少しやすい、動脈硬化や脳梗塞、心臓病などの他の病気と併発しやすいという特徴があります。

 

こういった高齢者高血圧の治療法には、食事療法や運動療法などの生活指導を優先する医師が多く、高齢者に負担の少ない程度の運動療法が効果的だと考えられています。

 

高齢者高血圧の運動療法の注意点としては、運動療法を開始する前には必ず医師に相談し、少しでも異常を感じた時には、早めに医師に相談することが大切です。

 

有酸素運動を行う際には、毎日30分以上続けることが理想的です。

 

無理に激しい運動を行った時には、開始直後に血圧が上昇してしまうことがありますから、必ず医師の指導のもとで運動療法を行う必要があります。

 

高齢者高血圧が無理のない程度で行える運動療法として、ウォーキングがあります。

 

深呼吸を意識しながらウォーキングすることで、血液の循環もよくなり心肺機能も鍛えることができますから、おすすめです。

 

その際、日射の強い時間帯を避けて、やや早歩きで歩行すると、より効果的です。

 

発汗作用が高まりますから、保水は必ず行い、早朝や夕方などの時間帯を選んで行うとよいでしょう。

 

運動療法に加えて食生活を見直すことも大切です。

 

特にマグネシウムや食物繊維、カルシウム、カリウムは特に意識して摂取していきたい栄養成分ですから、毎日の献立にこれらの成分を取り入れていくことが大切です。

 

また、高血圧は塩分やカロリーの摂り過ぎに気を付け、バランスの良い食事を3食摂り、規則正しい生活をこころがけることが大切です。