高血圧をコーヒーで下げる

コーヒーを飲むと高血圧を改善する効果がある!?

コーヒーを飲むと高血圧を改善する効果がある
のでしょうか?

 

 

コーヒーを飲むと、高血圧になると以前は
言われていました。

 

 

これは、コーヒーに含まれるカフェインが原因であると
されており、カフィインが心臓に直接作用して血圧を
上昇させる効果があると考えられていたためです。

 

 

しかし、アメリカの研究によりこの理論は
正しくないことが証明されました。

 

 

コーヒーを飲むと一時的に血圧の数値は上がるものの、
これは本当に一時的であり、かつ、上がり具合は
軽くウォーキングをした程度の範囲でした。

 

 

数時間後には、数値が平常時に戻ってしまいますし、
この現象は普段コーヒーを飲んでいる人には耐性が
できていることから起こらず、全く普段コーヒーを
飲まない人に起こる現象であり、どっちにしろ、
大した問題にはならないのです。

 

 

それよりも大事なことが発見されました。

 

 

それは、高血圧になるよりも、むしろ改善することができ、
血圧が下がる効果が期待できることが判明したのです。

 

 

具体的にコーヒーを何杯ということまで解明されており、
4杯以上飲みと血圧が下がる効果があるのです。

 

 

なお、1杯から3杯までは全然飲まない場合と
変わらないため、4杯以上飲むことを推奨します。

 

 

こう言われると、逆にコーヒーに含まれるカフェインの
おかげで血圧が下がるのではと考える人も
いるでしょう。

 

 

そのへんの研究もアメリカではすでに行われており、
結論からいうとカフェインでは血圧が下がるとは
限らないといったことがわかっています。

 

 

これはカフェインが含まれる飲み物は、コーヒー以外に
コーラーや紅茶があるものと思います。

 

 

紅茶を飲む人の傾向を調査したところ、紅茶を
たくさん飲んでいる人は年齢が低いほど、高血圧に
なる傾向にあります。

 

 

さらに、コーラーにおいても、飲む量が増えると
それに比例して高血圧になってしまうリスクが
高くなることが研究でわかりました。

 

 

そのため、カフェインが含まれているから高血圧に
なるかならないかといった議論をすべきではなく、
コーヒーには血圧が下がる効果があることに
着目するとよいでしょう。